古典和歌stream

袖ひぢてむすびし水のこほれるを
春立つけふの風やとあらん

歌の意味
あつい夏のころ知らず知らず袖がぬれながら、すくいあげた水が、寒い水のあいだ凍っていたのを、立春の今日のあたたかい風がとかしているであろうか。
鑑賞
巻第一 春歌上 立春の日に読んだ歌。 『礼記(月令)』の「孟春の月、東風氷を解く」によったもの。
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌