古典和歌stream

梅がえにきゐるうぐひすはるかけて
なけどもいまだ雪はふりつつ

歌の意味
梅の咲いた枝に来てとまっているうぐいすが、春のくるのを待ちのぞんで鳴いているけれども、まだ春らしい様子もなく、雪はちらちら降っている。
鑑賞
巻第一 春歌上
詠んだ動機不明の歌。

梅、うぐいすなどの春の景物が情趣化傾向が見え始めている。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌