古典和歌stream

葎はふ下にも年は経ぬる身の
何かは玉の台をも見む

歌の意味
葎が生い茂るこの竹取の家で、永年すごして来た私のようなものが、どうしてりっぱな御殿を見ましょうか。帝のもとでの宮仕えなどかんがえてもおりません。
鑑賞
帝の「かへるさの行幸物憂く思ほえて背きてとまるかくや姫ゆゑ」に対するかぐや姫の返歌。

かぐや姫は帝に会っても思いには応えなかった。その後、かぐや姫と帝は手紙のやり取りが交わされる。
作者
出典
竹取物語
sponsored

その他の歌