古典和歌stream

はるやとき花やおそきとききわかむ
鶯だにもなかずもあるかな

歌の意味
春になったのに、まだ梅の花が咲かないのは、春の来るのが早すぎたのか、花の咲くのが遅すぎるのかと、聞いて判断しようと思うが、そのうぐいすさえもまだ、鳴かずにいることよ。
鑑賞
巻第一 春歌上
春のはじめによめる

花とうぐいすを待ちわびる気持ちを詠んだ歌である。
春とは名のみで、景色に春を感じさせるものは何もない。情趣を見ることが出来る。

うぐいすは春の到来を告げる鳥。
作者
藤原言直
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌