古典和歌stream

春きぬと人はいへどもうぐひすの
なかぬかぎりはあらじとぞ思ふ

歌の意味
すでに春は来たと人は言うけれども、春を告げるうぐいすの鳴かないうちは、まだ春ではないだろうと思う。
鑑賞
巻第一 春歌上

初春の歌
人が「春来ぬ」というのに対して、私は「あらじ」と思うと、会話のような構成になっている。
春の最初の使者であるうぐいす待ちわびる心が表れている。
作者
みぶのただみね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌