古典和歌stream

花のかを風のたよりにたぐへてぞ
鶯さそふしるべにはやる

歌の意味
咲き匂う梅の香りを風という使者に添えて、うぐいすを誘い出す案内役として遣わせる。
鑑賞
巻第一 春歌上

寛平の御時の后宮の歌合の歌
春の景物である梅はすでに咲いているのに同じ春の景物のうぐいすはまだ鳴かない。
梅の香りを風に添えて送ったら、うぐいすも気づいて出てくるだろうと詠んだ擬人化の歌。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌