古典和歌stream

み山には松の雪だにきえなくに
宮こはのべのわかなつみけり

歌の意味
山深いここでは松につもった雪さえまだ消えないのに、都では野辺に芽生えた若菜をつんでいる。
鑑賞
巻第一 春歌上

春の訪れの遅い深山の松の雪と都の野辺での若菜が芽生えた明るい風景が対比されている。
都の人がとくに早い若菜を愛でる様子が感じられる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌