古典和歌stream

あおやぎのいとよりかくる春しもぞ
みだれて花のほころびける

歌の意味
青柳が糸をよってかけるという春であるのに、あたりの花が乱れてほころび咲いたことか。
鑑賞
巻第一 春歌上

天皇が歌を献上せよと仰せられたときに、よんで奉った歌。

花の咲くのをほころびるというので、着物のほころびを連想して青柳が糸をよってかけるという春、つまり糸はいくらでもある春であるのになぜ花はみだれほころびるのかという連想をしている。
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌