古典和歌stream

をちことのだづきもしらぬ山なかに
おぼつかなくもよぶこどりかな

歌の意味
どちらに行けばいいかわからない深い山の中で、不安そうに呼ぶような声で呼子鳥が鳴いていることよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

方向も分からず不安な気持ちでいるときに、姿も見せず鳥が不安そうに鳴いている、ますます不安な気持ちがかきたてられる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌