古典和歌stream

はるがすみたつを見すててゆくかりは
花なきさとにすみやならへる

歌の意味
春霞が立ち、間もなく花が咲き始める春を見捨てて北へと飛んでゆく雁は、花の咲かない里に慣れているのだろうか。
鑑賞
巻第一 春歌上

北へ帰る雁を詠んだ歌。

平安時代の都人は辺境の地には花も咲かないと考えていたのか。
春霞が立つと、待ち望んだ花が咲き誇る季節が来るを待たずに、雁は北へ飛んでゆく。
春を喜び迎えられない心のかげりがあるのかもしれない。
作者
伊勢
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌