古典和歌stream

折りつれば袖こそにほへ梅の花
有りとやここにうぐひすのなく

歌の意味
先ほどの梅の花を折りとったので、私の袖はこんなにいい匂いがする。そのせいか梅が咲いていると思ってであろうか、ここでうぐいすが鳴いている。
鑑賞
巻第一 春歌上

梅は実在しないのに、折り取った梅の移り香をうぐいすが錯覚して、
近くでしきりに鳴いているという着想は衣服に香をたきしめる生活経験からきているのであろう。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌