古典和歌stream

鶯の笠にぬふという梅の花
折りてかざさむおいかくるやと

歌の意味
うぐいすが笠に縫うという梅の花を折り取って髪に飾りましょう。我が身の老いも隠せると思い。
鑑賞
巻第一 春歌上

梅の花を折り取って詠んだ歌。

神楽歌の
「あをやぎをかたいとによりて鶯のぬふてふ笠は梅の花がさ」によって趣向をたてた歌。
作者
源常
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌