古典和歌stream

月夜にはそれとも見えず梅の花
かをたづねてぞしるべかりける

歌の意味
月夜では光ですべて白く照らされて、どれが梅の花か見分けられなかったので香りをたどって行って梅の花がどれかを知るべきであったことよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

月夜に「梅の花を一枝折ってください」と望んだので、折り取って渡すときに詠んだ歌。

月夜のもとでは白梅は識別しずらいという実景ではなく空論を詠んだ歌。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌