古典和歌stream

春の夜のやみはあやなし梅の花
色こそ見えねかやはかくるる

歌の意味
春の夜の闇は本当にしょうがない。闇の中では梅の花の色は見えないが、香りは隠れるであろうか、隠れることはないのだから。
鑑賞
巻第一 春歌上

春の夜、梅の花を詠んだ歌

梅の芳香を誇張して詠んだ歌。
姿は見えず、着物に焚き染めた香りだけが匂ってくる恋人を連想させる。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌