古典和歌stream

梅がかをそでにうつしてとどめてば
春はすぐともかたみならまし

歌の意味
梅の香りを袖に移してとどめておけば、春が過ぎ去っても梅の花のかたみとなるものを
鑑賞
巻第一 春歌上

寛平の御時后宮の歌合せに番われた歌。

梅の花に対する強い執心を詠んでいる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌