古典和歌stream

やまざくらわが見にくれば春霞
峰にもをにもたちくしつつ

歌の意味
やまざくらをわざわざ見に来たところ、春霞が峰から麓まで一面に立ち込めて見せないように隠していることよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

絵画のような情景が広がる。
桜の咲くころは霞がたなびきやすい季節である。

古い注釈には伊登内親王の歌ともある。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌