古典和歌stream

世の中にたえてさくらのなかりせば
春の心はのどけからまし

歌の意味
この世の中にまったく桜の花がなかったならば、あわただしく散ることもなく春はさぞかしのどかであろうに。
鑑賞
巻第一 春歌上

惟喬親王の渚の院で桜花を見てよんだ歌。

春になると、桜の花が咲くのを待ちこがれ、咲けば雨や風が花を散らすことに心を痛める。
春の風物の中に自分を溶け込ませている作者の心情が歌われている。
作者
在原業平朝臣
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌