古典和歌stream

みわたせば柳桜をこきまぜて
宮こぞ春の錦なりける

歌の意味
はるかに都の方を眺めると、柳の緑と桜の紅とを混ぜ合わせた都こそ春の錦であることよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

桜の花盛りに京を眺めて詠んだ歌。

秋山の紅葉を秋の錦と耳にすることはあるが、柳桜の混じった都こそが春の錦であったと、今気づいた趣である。
作者
素性法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌