古典和歌stream

み吉野の山べにさけるさくら花
雪かとのみぞあやまたてける

歌の意味
吉野山のほとりに咲いている桜の花は、雪ではないかと見違えてしまったものよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

寛平の御時の后宮の歌合せの歌。

吉野の山は奥深くて雪の多いところ知られていたので桜の花も雪ではないかと見間違えると詠んでいる。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌