古典和歌stream

見る人もなき山ざとのさくら花
ほかのちりなむのちぞさかまし

歌の意味
見る人もないような山里の桜の花は、他の桜の花が散ってしまってから後に咲いてほしいものよ。
鑑賞
巻第一 春歌上

亭子院の歌合せの時に詠んで番われなかった歌。

遅咲きの桜を願い、少しでも長い間、桜を鑑賞したいという思いを詠んでいる。
作者
伊勢
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌