古典和歌stream

春日野の若紫のすり衣
しのぶのみだれかぎり知られず

歌の意味
春日野の若い紫草のように若く美しいあなた方を恋いしのび、わたしの心は、このしのぶ摺りの模様のように限りなく思い乱れている。
鑑賞
一 しのぶのみだれ

昔、ある男が元服をして奈良の都あたりの集落に鷹狩りに行った。
そこで優雅で若々しい姉妹を見つけ男は物の間からのぞき見をしてしまう。男は姉妹の魅力的な様子に気持ちが昂ぶり、着ていたしのぶ摺りの狩衣の裾を切り、書いて送った歌。

しのぶ摺りは着物の模様で忍草で摺って模様がねじれて乱れているという。歌の「しのぶのみだれ」はしのぶ摺りのように姉妹を恋しく忍び思っている心の乱れを表している。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌