古典和歌stream

思ひあらば葎の宿に寝もしなむ
ひじきものには袖をしつつも

歌の意味
もしあなたに私を思う心があるならば、葎(むぐら)の生い茂るあばらやででも共寝をしましょう。ちゃんとした夜具もなく、敷物には袖をしながらでも心をあたたかく。
鑑賞
三 むぐらの宿に

男が思いを寄せた女のところに「ひじきも」というものを贈るさいに添えた歌。
まっすぐな恋の意表をついた告白を趣向としている。

歌の後に、清和帝の二条の后高子が、まだ天皇の所に出仕しないでただの藤原の娘という臣下の身分でいた時のことであるという注釈がある。
この注から高子と業平の具体的な人間関係に対する興味を加えている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌