古典和歌stream

人知れぬわが通ひ路の関守は
よひよひごとにうちも寝ななむ

歌の意味
こっそりと人に知られないように通う通路で見張りをしている番人は夜毎に寝てほしいものだ。
鑑賞
五 わが通い路の

ある男が東の京の五条通りあたりに住む女に人目を忍んで会いに行っていた。
門から入ることもできないので子供たちが通路にしている塀のくずれた場所から出入りしていたが、邸の主人がその事に気付いて毎晩、番人に見張りをさせた。
男は女に逢えず歌を残して帰った。
女は男にあえず悲しんだため、邸の主人も男が通うのをゆるした。

道をふさがれて強引に通るでもなく、別の道を探すでもなく、歌を残して帰る男と男に逢えずに悲しむ女、それを見て男を許す邸の主人と実際にはありえないであろう心の優しい純朴な人々が描かれ、歌にもそれが表れている。

「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして」と同じく相手の女性は二条の后高子である。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌