古典和歌stream

みよし野のたのむの雁もひたぶるに
君が方にぞよると鳴くなる

歌の意味
三芳野のたんぼに降りている雁も鳴子の引板をひくと片方へ鳴きながら逃げて寄っていきますが、そのように私の娘もあなたの方に心をよせている。
鑑賞
十 たのむの雁も

ある男が武蔵の国まで当てもなく旅をし、その国に住んでいる娘に求婚した。娘の父親は別の男と結婚させようと言ったが、母親は藤原氏の出身のため高貴な身分にこだわった。
歌は母親が男から娘への求婚の応えとして詠んだ。

この段の舞台となる「みよし野」は現在の埼玉県入間郡坂戸町三芳野あたりであるが川越市との説もある。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌