古典和歌stream

わが方によると鳴くなるみよし野の
たのむの雁をいつか忘れむ

歌の意味
私の方に心をよせると言ってらっしゃるという、三芳野の里で私をたよりにしているお嬢さんを、いつの日にか忘れてましょうか。忘れることはありません。
鑑賞
十 たのむの雁も

ある男が武蔵の国まで当てもなく旅をし、その国に住んでいる娘に求婚した。
歌は結婚を申し込んだ娘の母からの「みよし野のたのむの雁もひたぶるに君が方にぞよると鳴くなる」への男が返歌として詠んだ歌。

当時はこのような色恋に際しての歌のやりとりを風流としていた。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌