古典和歌stream

武蔵野はけふはな焼きそ若草の
つまもこもれり我もこもれり

歌の意味
武蔵野は今日は焼かないで下さい。いとしい夫も身をひそめています。私も身をひそめて隠れています。
鑑賞
十二 武蔵野は

ある男が、人の娘をさらって武蔵野へつれて行く時に国守に捕まった。
男は逃げる途中、さらった女を草の生い茂るなかに隠した。男を捕らえようと追って来た者が「草原に盗人が隠れている」と火を付けようとしたので、女が困り悲しんで詠んだ歌。

女が男を「若草のつま」と詠んでいるので、二人は相思相愛だったのであろうが、女の親からしてみれば大切な娘を連れて行った男は盗人同然だった。

『古今集』に若い男女の春の野の草かげの恋を描いた歌があり、それを改作したもである。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌