古典和歌stream

しのぶ山忍びて通ふ道もがな
人の心のおくも見るべく

歌の意味
信夫山ではないが、人目につかず忍びこむ道があってほしい。あなたの心の中も見ることができるように。
鑑賞
十五 しのぶ山

男が奥州の地で、取り立てて何ということもない平凡な人の妻のところに通っていた。
歌は男がある時、人の妻として平凡に暮らしているのが当然でもないように見えたので、その気持ちを詠んだ。
女は男に評価されて喜ぶが、男は人妻であれながら他の男を通わせ、男に関心を寄せられてすぐ喜ぶような粗野な心を見てどうしようもないと思った。

七段から続いた業平の東下りの物語はこの段で終わる。
男は都の高貴な人の優雅さで、行く先々の女性に思慕される。
都から遠く離れた土地の女性の素朴純情さが描かれ、原始的な男女関係があったことがうかがえる。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌