古典和歌stream

今はとて忘るる草のたねをだに
人の心にまかせずもがな

歌の意味
今となっては二人の関係も終わったのだから忘れてしまおうと言って、忘れてしまおうと忘れ草の種を心に蒔くことだけは、あなたの思いどおりにならないでほしい。
鑑賞
二十一 いでていなば

ある男と女がいた。二人は相思相愛で他の人に関心を持つ気持ちなどなかったが、些細なことが原因で夫婦の仲をわずらわしく思った。

歌は女が家を出て長い時間が経ってから、自分を探しに来ない男を待つのに我慢が出来なくなって詠んで送った歌。

女は自ら男のもとを去ったのだが、男に何を期待して忘れるなと歌を送ったのか。

忘るる草は憂いを忘れる草というが、人を忘れる草という意味でも用いられる。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌