古典和歌stream

あらたまの年の三年を待ちわびて
ただ今宵こそ新枕すれ

歌の意味
三年の間を待ちくたびれて、今夜こそは新しい人と共に過ごすのです。
鑑賞
二十四 あらたまの

辺鄙な田舎に男が住んでいた。男は宮廷に出仕するために女と別れて出て行った。
三年もの間、男は女のもとを一度も訪れなかった。女は待ちくたびれて、とても熱心に求婚してきた人と「今夜、一緒になろう」と約束していた、その日に出て行った男が戻ってきた。

戻ってきた男が「この戸を開けなさい」と言うのに女が歌を詠んで答えた。
三年待たされた女の恨みか、すでに忘れたと思っていた女の困惑か。

新枕は男女が初めて夜を一緒に過ごすこと。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌