古典和歌stream

あひ思はで離れぬる人をとどめかね
わが身は今ぞ消えはてぬる

歌の意味
私は愛しているのに、同じようには私のことを思ってくれないで離れ去ってしまう人を引き止めることができなくて私は今、消え果ててしまう。
鑑賞
二十四 あらたまの

辺鄙な田舎に男が住んでいた。男は宮廷に出仕するために女と別れて出て行った。
三年もの間、男は女のもとを一度も訪れなかった。女は待ちくたびれて、とても熱心に求婚してきた人と「今夜、一緒になろう」と約束していた、その日に出て行った男が戻ってきた。

女はかつての男への思いを忘れられず、男を引き止めたけれど男は女と結婚する新しい男に筋を通して姿を消した。
女は男を追って行ったが、追いつくことはできず湧き水のある所に倒れた。女は自分の指の血でこの歌を岩に書き残して死んでしまった。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌