古典和歌stream

秋の野に笹わけし朝の袖よりも
逢はでぬる夜ぞひぢまさりける

歌の意味
秋の早朝の野原で露に濡れた笹を分けた袖よりも、あなたに逢はないで一人寝をする夜の方がずっと涙で袖が濡れる。
鑑賞
二十五 秋の野に

逢うとはいわないが逢わないとも言わない女で、はっきりと返事をせずに男をじらすだけあって、魅力のある人の所に男が歌を送った。

この歌は業平の歌として『古今集』に収められている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌