古典和歌stream

思ほえず袖にみなとのさわぐかな
もろこし船のよりしばかりに

歌の意味
思いがけず袖のところで、まるで港の水が荒れて波立つような騒ぎだ。大きな中国の船が港に寄港しただけのことで
鑑賞
二十六 もろこし船の

ある男が五条辺りに住んでいた女を自分の妻にすることができなくなったと嘆いた。
その男がある人への返事にこの歌を詠んだ。

この男にとっては大きな出来事だったのだろう。実際は大したことではないが、我ながら驚くばかりの出来事に涙があふれて困った、と言うところか。
結局は失恋の歌である。

もろこし船は中国を行き来する船で、とても大きい。

作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌