古典和歌stream

水口に我や見ゆらむかはづさへ
水の下にて諸声になく

歌の意味
盥(たらい)の水の取入れ口のところに私の姿が映っている見えるのでしょうか。田に水を引き込む取入れ口のあたりでは蛙さえ声を合わせて鳴くもので、私もあなたと声を合わせて泣いているのだ。
鑑賞
二十七 我ばかり

ある男が女のところに一晩泊まりに行って、二度と行かなくなってしまった。
歌は女が詠んだ「我ばかり物思う人は又もあらじと思へば水の下にもありけり」を影から聞いていた男が詠んだ。
男が女に対して会えないことを悲しんで泣いていると詠んでいるが、女は水に映った物思いをする人は女自身だと詠んでいるが、男は水面に自分が映っていると勘違いをしている。

諸声には、声合わせての意味で蛙が数匹で鳴く様子の例えか。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌