古典和歌stream

花にあかぬ歎きはいつもせしかども
今日のこよひに似る時はなし

歌の意味
美しい花を見ても飽きることはなく、いつまでも見ていたいという嘆きは花を見るといつもあったが、今日のこの夜のように強く思うことはこれまでになかった。
鑑賞
二十九 花にあかぬ

昔、春宮の母上の女御の御殿にて催された、長寿のお祝い(花の賀)にて、ある男が歌を詠んだ。

春宮の女御は後に陽成天皇になる皇太子貞明親王の母親で藤原高子のことという。
花は桜の花で散るのを名残惜しむ気持ちと近くにいたいと思いながら別れてゆく春宮の女御への思いを重ねている。
春宮の女御への満たされない思いを表していると思われる。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌