古典和歌stream

あふことはたまの緒ばかりおもほえて
つらき心の長く見ゆらむ

歌の意味
あなたに逢うことは玉と玉の間の紐のように短く思えて、なかなか逢ってくれない無情な心はいつまでも長く続いて見えるでしょう
鑑賞
三十 あふことは

ある男が、ごくたまにしか逢わなかった女に送った歌。

逢えないことを嘆いた歌。一緒にいる楽しい時間は短く、逢えないときの辛さが長く感じる心が詠まれている。

玉の緒は玉を貫き通しているひものことで玉と玉の間が短いので、たとえに用いられる。

『新勅撰集』に「読人しらず」として収録されている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌