古典和歌stream

葦辺より満ちくる潮のいやましに
君に心を思ひますかな

歌の意味
葦の生えている岸の辺りから満ちてくる潮のように、ますます私があなたによせる思いが募ってくる
鑑賞
三十三 満ちくる潮の

ある男が摂津の国の菟原(うばら)郡の女のところに通っていた。
その女は男が今度、京へ帰ったら再びここへ来ることはないだろうと考えている様子であった。
そんな女を見て男が詠んだ歌。
女を慰めようとしてか、誤魔化そうとして詠んだか。

摂津の国の菟原郡は現在の兵庫県芦屋の辺りを指す。この辺りは在原業平の父、阿呆親王の領地があったのでこの男は業平と見られる。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌