古典和歌stream

谷せばみ峰まではへる玉かづら
絶えむと人にわが思はなくに

歌の意味
谷がせまいので山の頂までのびている蔓草のように、いつまでもあなたとの関係を切ろうと思っていないことよ
鑑賞
三十六 玉かづら

ある男が「私のことを忘れてしまったようですね。」と強い調子で問いただしに来た女に詠んだ歌。

『万葉集』巻十四・東歌に収録されている「谷せばみ峰にはひる玉かづら絶えむのこころ我がもはなくに」の類歌。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌