古典和歌stream

出でてゆく君がためにと脱ぎつれば
我さへもなくなりぬべきかな

歌の意味
都を出立して行くあなたのために贈り物にしようと裳を脱いでしまったので私自身もなくなっていまいそうだ。
鑑賞
四十四 出でてゆく

ある男が地方へ行く人の門出のために歓送の宴をしようと自宅へ招いた。
二人は親しい間柄で家の主婦も席に出て杯をすすめさせ、女の衣装を一そろい贈り物とした。
歌は贈り物の中の裳の腰ひもに男が歌を詠んで結びつけた。

裳は平安時代以後の女房の正装で、下半身の後ろ身につけるもの。袴のような腰ひもで結ぶ。

親しい人の旅立ちに裳と喪のような不吉なことばを掛けるとも思えないので、喪を脱ぐという表現は親しい間柄での服装を意味するので私自身もいっしょに行ってしまいという気持ちを詠んでいるのだろう。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌