古典和歌stream

目かるとも思ほえなくに忘らるる
時しなければ面影にたつ

歌の意味
逢わないでいても離れていると思うことはない。忘れる時などはなく、あなたの姿が幻となって私の目の前にある。
鑑賞
四十六 目かるとも

ある男が、とても親しい友人を持った。少しの間も離れることはなかったが、都を離れ地方へと行くことになり、しみじみと寂しくやるせなく思って別れてしまった。
月日が経ってから地方へ行った男は手紙に、「ずいぶんと逢わずに月日が経ってしまい、世間の人は逢わないでいると忘れてしまうのが当然のようだ。そのように忘れられてはいないかと思い悩んでいる」と、書いて送った。
歌は手紙の返信に男が詠んだ。

親友の間柄であるが、手紙や歌の文面から同性愛とも思える。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌