古典和歌stream

行く水と過ぐるよはひと散る花と
いづれ待ててふことを聞くらむ

歌の意味
流れ行く水と過ぎ去る年月と散る花と、どれが待てという言葉を聞くだろうか。
鑑賞
五十 鳥の子を

ある男がいた。男のことを不誠実だと言って恨む女を男は恨んだ。
男と女は歌を詠んで相手を非難しあった。
歌は女が詠んだ「行く水に数かくよりもはかなきは思はぬ人を思ふなりけり」に対する男の返歌。
これまでの「行く水に数かくよりも」、「朝つゆは消えてのこりてありぬべし」、「吹く風に去年の桜は散らずとも」の歌を総括した一首である。
水、時間、花と無常のものを並べ挙げて、いずれも思いどおりに留めてはおけず人の心もまた同じなのだと詠んでいる。

作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌