古典和歌stream

うちわびて落穂ひろふと聞かませば
我も田面にゆかましものを

歌の意味
暮らしに困り落ちぶれて落穂拾いをすると聞いたのならば、私も田んぼに行って手伝うものを
鑑賞
五十八 荒れにけれ

思いやりのある女好きの男が旧都の地、長岡に家を作って住んでいた。
その隣にあった宮様のところにまあまあの女たちが来て、都外れの田舎だったので男は田の稲刈りをしようと用意をしているのを見た女たちが「たいそうな風流人のする仕事ですね」と集まって男の家に入ってきたので、男は家の奥へ逃げて隠れてしまった。

女たちは宮様の住居の方に集まって座りこんだので男は「葎生ひて荒れたる宿のうれたきはかりにも鬼のすだくなりけり」と女たちに詠んでやると、女たちは「稲刈りをするのなら落穂拾いをしましょう」と言った。
歌は女たちの言葉を受けて男が詠んだ。落穂拾いをするほど生活にも困っていないだろうから手伝いには行かないという意味が込められている。
男は厚かましい女たちに閉口しながら、邪険に扱わず女たちを美しい鬼などと持ち上げて遠ざけている。思いやりのある女好きの男だからこその巧みなやり取りか。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌