古典和歌stream

わが上に露ぞおくなる天の河と
わたる舟の櫂のしづくか

歌の意味
私の上に露が置くようだ。この命の水は天の河の渡し場をわたる舟を漕ぐ櫂のしずくだろうか。
鑑賞
五十九 住みわびぬ

 ある男が都の生活をどうだろうかと思ったのであろうか、東山(加茂川の東の丘陵地帯)に家を探した。そうして山里に暮らして、ひどい病気にかかり死んだような状態になってしまったが、顔に水がかかり息を吹き返した。
 歌は息を吹き返した男が詠んだ。

 この歌は『古今集』雑上に読み人しらずの歌として収録されている。
 同じ段の「住みわびぬ今はかぎりと山里に身をかくすべき宿求めてむ」の歌から男は在原業平として描かれているのだろう。高貴な生まれの貴族で風流人で好色といわれた業平ではあるが、厭世的な神経症の姿は実際に持っていた一面なのかもしれない。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌