古典和歌stream

きのうけふ雲のたちまひかくろふは
花の林を憂しとなりけり

歌の意味
昨日も今日も雲が立ち上がり、舞うようにして雲のなかに山が姿を隠し続けていたのは、梢に花が咲いたように雪を積もらせている林を、人に見せたくないということであったのだ。
鑑賞
六十七 花の林を

 ある男が気の合った親しい仲間と連れ立って陰暦の二月に和泉の国(現在の大阪府南西部地方)へゆっくり楽しみながら行った。河内の国(現在の大阪府東部)で生駒山を見ると、曇ったり晴れたりしていた。雲は高く上ったり座ったよう横に広がったりと絶えず動いていた。
 歌は朝から曇っていたが昼に晴れて山の様子を見た男が詠んだ。

 早春の冬景色を見て花の近いことを感じている。雲が美しい白雪をいとしいと惜しんでいる様子に見立てて感情移入している。

 花の林は花が一面に咲いている林。この歌では雪が梢に積もって、花が一面に咲いているように見える様子。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌