古典和歌stream

君や来し我や行きけむおもほえず
夢か現かねてかさめてか

歌の意味
あなたが来たのか私がうかがったのか、はっきり覚えていません。夢か現実か寝て夢の中のことか目覚めて現実に経験したことなのか。
鑑賞
六十九 君や来し

 ある男がいた。男は伊勢へ狩の使い(朝廷の宴会などに供する鳥獣をとる役人、同時に地方の治政を査察した)として行った。伊勢神宮の斎宮(さいぐう、伊勢神宮に奉仕する未婚の皇女)であった人の親が「いつもの役人より心をつくしてお世話しなさい」と言った。斎宮は親の言いつけどおり丁寧に世話をした。
 男が来て二日目の夜に、男が無理に「斎宮に逢いたい」という。しかし皇女と役人の立場上、人目もあるので簡単に逢えない。お互いの寝所は遠くなかったので侍女たちが寝静まった夜中の十二時ごろに男の泊まっているところへ行った。男はうれしくなって自分の寝室に連れて行って深夜三時ごろまで一緒にいたが睦言を語り合わないうちに女は帰ってしまった。
 歌は翌朝、女が手紙にこの歌だけを書いて男に送った。

 歌には昨夜の出来事が夢のことか現実のことかはっきりしないと言っているが、女にとっても時間が短すぎたのでもう一度逢って確かめたいという意味が込められているのか。

 伊勢物語の名前の由来に、この段が最初に登場する小式部内侍本から「伊勢の物語」と称したためという説と、この段が物語で中心をなすからだと言う説がある。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌