古典和歌stream

恋しくは来ても見よかしちはやぶる
神のいさむる道ならなくに

歌の意味
恋しいのなら来てごらんなさい。恋は神様が禁止なさるものでもないのだから。
鑑賞
七十一 ちはやぶる

 ある男が伊勢の斎宮の御殿に勅使として参上した。その御殿で女房と色好みの話をした。
 歌は女房が詠んだ「ちはやぶる神の斎垣も超えぬべし大宮人の見まくほしさに」に対する男の返歌。

 女房の詠んだ歌と同様に感情を率直に表現している。
 日本神話に登場する神も事を行っているので、神がそれを禁じることもないと言っているのか。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌