古典和歌stream

忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや
ゆきふみわけて君を見むとは

歌の意味
現実のことを忘れて、今のことを夢かと思う。深い雪を踏み分けて、わび住まいをするあなたにお目にかかろうとは。
鑑賞
八十三 草枕

 昔、惟喬(これたか)親王はよく都から水無瀬の離宮へと出かけた。いつものように鷹狩りのお供を馬寮の長官である老人がつとめた。何日か過ごした後に都の御殿に戻った。
 馬寮の長官は御殿までお見送りをして早く自分の邸に帰ろうとしたが、親王がお酒を出し、狩りのお供と見送りのほうびに賜り物を与えようと馬寮の長官を帰さなかった。いつもこのように親しく参上してお仕えしていたが、まったく思いがけず剃髪し出家してしまった。
 正月に拝礼しようと雪が高くつもった比叡山のふもとの小野へ参上した。正月だというのに官職についていたころと違い、親王はすることもなくもの悲しい様子だったので長い間、そばにいて昔を思い出して話をした。
 歌は馬寮の長官が夕暮れに都へ帰らなければならず涙ながら詠んだ。

 馬寮の長官は在原業平のことで惟喬親王とは姻戚の関係に当たる。 親王は文徳天皇の寵愛を受け、皇太子の望みもあったが藤原氏の権力確立の過程で排斥された。昔から親しく仕えてきた業平が親王の境遇を思う気持ちが詠まれている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌