古典和歌stream

老いぬればさらぬ別れのありといへば
いよいよみまくほしき君かな

歌の意味
すっかり年をとってしまったので、避けようのない死別があるからますます会いたいあなたであることよ。
鑑賞
八十四 さらぬ別れの

 昔、一人の男がいた。身分は低いが母は皇族であった。母は京都に近い旧都の長岡に住んでいた。男は都で朝廷に仕えていたので、母のところへたびたび行く事はできない。男は母にとって一人っ子であったので母にはとても可愛がられた。ところが十二月ごろ母から急ぎのことと手紙が届く。男は驚いて手紙を読んだ。
 歌は母からの手紙に書いてあった。

 すでに死期の近い母が自分の息子に会いたいという願いが詠まれている。
 
 この歌は『古今集』にも収録されている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌