古典和歌stream

秋の夜は春日わするるものなれや
かすみにきりや千重まさるらむ

歌の意味
秋の長い夜は過ぎ去った春のおだやかな日など忘れるのだろう。春の霞にくらべると秋の霧は千倍もまさって良いものだろうか。
鑑賞
九十四 秋の夜は

 ある男がいた。どのような事情があったのだろうか、その男は女のところに逢いにいかなくなった。女には後に別の男ができたのだけれど、前の男とは子供がいる関係だったので、親密ではなかったが便りをして来た。
 女は絵を描く人だったので前の男に頼まれ絵を描きにいっていた。しかし今の男が来ているというので約束の日から一日、二日遅れた。別れた男は情けなく思った。
 歌は別れた男が皮肉をこめて詠んだ。時は秋であった。

 秋の夜とは女が新しい夫と過ごす長い夜の意味で「秋」と「飽き」の意味を掛けて、別れた男に飽きて今の男に満足しているのだろうと言っている。別れた男からすれば依頼した絵が遅れる理由が、別の男が来るからと言うことなので皮肉も言いたくなるのだろう。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌