古典和歌stream

桜花ちりかひくもれ老いらくの
来むといふなる道まがふがに

歌の意味
桜の花よ、散り乱れてあたりを曇らせてくれ。老いることがやってくるであろう道がわからなくなるように。
鑑賞
九十七 老いらくの

 堀川の大臣という人がいた。その四十歳の祝いを九条にある家で催された。
 歌は祝いの席で近衛の中将が詠んだ。

 近衛の中将は在原業平のことで、この歌は『古今集』にも収録されている。
 
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌