古典和歌stream

そむくとて雲にはのらぬものなれど
世のうきことぞよそになるてふ

歌の意味
世を背いて出家すると言っても雲に乗って飛び立ってしまうものではないけれど、世間のいやなことからは遠くなると言う。
鑑賞
百二 そむくとて

 ある男がいた。歌は詠まなかったが男女の間の情愛をよく知っていた。高貴な女が尼になって、人間関係をつらく思って都から遠く離れた山里に住んでいた。
 歌は男が尼になった女と親戚関係であったので詠んで贈った。
 この女は伊勢神宮の斎宮を勤めた内親王である。

 人間関係の複雑さや情念などの悩みを知り尽くし断ち切れない人ほど、出家という形で世を逃れ距離を置くことに羨望の気持ちがわくのだろう。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌